媚薬の目的・歴史・偽物がわかる

ペニス増大

【驚愕】増大サプリの99%がインチキ商品!是非、1%の本物を知って下さい!

これまでに約100種類以上の増大サプリを使用した増大マスターが語る、「本当に効果のある1%の本物の増大サプリ」を期間限定にて大公開しています。本物を知った貴方は、必ず巨根を手に入れる!こちらで本物の増大サプリを極秘公開中!

誰もが使ってみたい媚薬。
古今東西「惚れ薬」として使われてきています。逸話として、絶世の美女と称されている楊貴妃やクレオパトラも媚薬を使い、男性だけにとどまらず女性まで魅了していたそうです。

媚薬とは、狭義には催淫剤と呼ばれ勃起不全の治療に使われる薬を言い、広義には性欲を高める薬、恋愛感情を起こさせるような薬を言います。肉体的な性機能の改善を目的とした精力剤、強壮剤も含まれます。

媚薬は不妊治療、セックスレス解消に効果を発揮!

日本の芸能界では、お笑いタレントの山田花子さんが夫の精力向上のため、鹿のペニスの入った精力剤を使い、見事男の子を授かりました。

お笑いタレント、山田花子(36)が6日、夫でトランペット奏者、福島正紀さん(40)と大阪市内で会見し、第1子を妊娠したと発表した。現在5カ月で、待望のベイビーは"昼下がりの情事"で仕込んだと告白。夫のコーヒーに、ひそかに精力剤を盛っていたことも明かした。オメデタ報告に、第1声が「あー」だったという福島さんは「一発で命中した」と赤裸々に語った。

中医学的にも35歳以上の妊娠は本当に珍しいことといわれています。
美魔女と呼ばれる40代、50代の女性も、外見は若いままですが、、卵子は老化しています。
そのため、医療現場では『卵子バンク』と呼ばれる若いうちに卵子を凍結保存するなど、卵子の老化を止める研究が進められています。

媚薬〔aphrodisiac〕の由来

媚薬は、英語で「aphrodisiac」と表記されます。
それは、ギリシャ神話の「愛・美・快楽・出生の女神『アフロディーテ〔Aphrodite〕』」が由来となっています。彼女が神聖な生き物としていた「スズメ」や「ハト」は、ヨーロッパでは伝統的に精力増強の食材として食べられています。

媚薬の『媚』という漢字は「女が男に対して色気を示すこと。なまめかしくする。色っぽい。あでやかで美しい。」 という意味があります。 実際に、性欲が強くなる媚薬や食材を食べると、女性も男性もうっとり、興奮します。

栄養価の高いものが媚薬として認識されていた

媚薬として認識される食べ物はどのように誕生するのでしょうか?
それは媚薬の歴史を考えるとわかります。

媚薬という発想が誕生した頃の人々は今のように充分な栄養が摂れていませんでした。
今よりもずっと生活環境自体が劣悪な中、栄養不足にも陥り、不妊症や精力の低下が頻繁におこっていました。そのときの対処として、媚薬として、カタツムリや卵、球根といった栄養豊富なものを食べ、精力増強を図っていました。

飽食の時代だからこそ現代は媚薬や精力剤が必要

街中には食べ物が溢れ、昔のように栄養不足で精力が減退するということは少なくなりました。
しかし、ストレスや生活習慣が極悪化する社会で新たなタイプの媚薬が求められるようになりました。

同時に科学技術の進歩や歴史の蓄積とともに、局所に効く媚薬の発見や開発が行われてきました。
そうして誕生したのが、バイアグラやレビトラなどのED治療薬やエムスマートなどの精力剤です。

媚薬の偽物の状況

流通している媚薬の半数以上が偽物だといわれています

どのような商品でも偽物は出回っています。
媚薬も例外ではありません。特に1998年、バイアグラの販売開始とともに偽物が多く流通するようになりました。

1錠あたりの価格が効果な点や効くという認知度の高さから爆発的に、媚薬に注目が集まり、バイアグラ以外の媚薬も続々と偽物が製造されるようになりました。

媚薬の偽物の品質は危険です

媚薬の偽物にも、医薬品成分の含まれているものもあります。
正規品よりも多い・少ない・ゼロ・まったく異なる成分が含まれています。 成分調査をしない限り見た目ではまったくわからないため偽物は危険なのです。

「06年に国内で押収された偽造ED(勃起機能不全)治療薬は16万錠以上で、そのうち8割がバイアグラ」。しかし、この数値は氷山の一角に過ぎないといわれています。

危険な手作り媚薬

手作り媚薬による死亡事故

インターネットで検索すると、媚薬のレシピ情報は多く表示されます。
材料自体もスーパーに売っているで足りるものもあります。 そのほとんどは、思い込みによる効果の媚薬です。

強い催淫効果を生み出すものもあり、同時にひどい副作用も伴います

ガーデニングなどで一般的に植えられているチョウセンアサガオ。
別名「キチガイナスビ」といいます。これを使った手作り媚薬のレシピが有名です。

この素材自体は違法ではありません。しかし、食用にすると神経に非常に強い刺激を与え、中毒や強い副作用が発生します。

チョウセンアサガオによる事例1

岩手の高校生13人がチョウセンアサガオの種を数粒から400粒食べた。興奮、せん妄、痙攣、健忘など、48時間くらいで全員退院。

チョウセンアサガオによる事例2
富山5人、岐阜で3人、北見で3人、チョウセンアサガオの根をゴボウと間違えて食べて中毒。錯乱、幻覚、意識消失など。